モノの経年変化を楽しむブログ

社会人5年目 -良いモノを購入し、長く大切に使用する- をモットーに、日頃愛用している革靴や革製品などの経年変化を楽しんでいくブログです!通算100万PV達成

Church’s(チャーチ)のSHANNON(シャノン)を1年間履いた感想について

今回はChurch’s(チャーチ)のSHANNON(シャノン)を1年間履いた感想と経年変化について紹介します。結論から言うと、履き続けることで、人気の理由を実感することができました。

 

 

購入の経緯

過去記事にもありますが、去年(2018年)パリに行った時に購入し約1年履き続けました。よくネットで調べると「オススメ」とか書いてあり、またオンオフ兼用かつポリッシュドバインダーカーフで雨強いから気になるなーと思いつつ、海外旅行の勢いで購入した革靴になります。

 

購入時の過去記事はコチラ 

 

 

約一年の経年変化を写真でご紹介!

正面

f:id:kutsukeinenhenka:20200103165059j:plain

側面

f:id:kutsukeinenhenka:20200103165107j:plain

うしろ

f:id:kutsukeinenhenka:20200103165114j:plain

シワ感

f:id:kutsukeinenhenka:20200103165104j:plain

左右差のあるシワですが、私は自然な感じがあり好きです。

サイズもちょうど良く、無駄なシワがなくいい感じです。

ぼんやりと私が写真を撮ってる姿が、アッパーに写っていますね。

 

ソール

f:id:kutsukeinenhenka:20200103165132j:plain

下の新品とは1年間でこんなにも差が・・・。

f:id:kutsukeinenhenka:20181224135928j:plain

 それなりに履き込んだ結果ですね。

 

つま先

f:id:kutsukeinenhenka:20200103165140j:plain

コチラも過去記事で紹介しているようにヴィンテージスティールを装着しているのですが、だいぶ削れました。

ヴィンテージスティールをつけていなかったら、即ソール張り替えまでいきそうでしたね。ゴムでもすぐダメになってそうです。

金属がこんなに削れるとは歩き方が悪いんですかね?

いずれにしても、装着していて良かったです。

 

 

一年履いた感想について

履いた頻度としては週に1〜2回になり、おそらく所有している革靴の中で去年一番履いています。理由はシンプルになりますが、以下の要因かなと思ってます。

・汎用性が高い

オンオフ兼用できるのが頻度が増えた一番の要因になります。

また通勤時に今日の帰りに雨が降るかも・・・って時はシャノンを履くことが多かったです。

どんな時にも候補に挙がっているのが、履く頻度が多くなった一番の要因です。

 

・オンオフ兼用できる

先ほども書いていますが、これも大枠に入れてもいいかなーと。

退勤後に家に帰らずそのまま旅行に行く時などはプレーントゥで、オンオフどちらでも履けるため、他の靴を持っていく事もなく使えるのが魅力的でした。

カラーもブラックで冠婚葬祭でも大丈夫なので実際使用しました。

 

・日々のメンテナンスが楽

帰宅後にさっとブラッシングしてホコリを落として、さっと拭くだけで、比較的綺麗になるので靴磨きに時間が取れない時や、やる気が出ない時などは楽チンでした。

ポリッシュドバインダーカーフですが、通常通りの方法で靴磨きをしています。

やはり磨くとより綺麗になるのでいいですね。

リーガルのガラス靴と同じように磨いています。 

 

 

 

おわりに

今回は写真とともにシャノンの1年履き続けた経年変化と感想について紹介しました。

シャノンについてはネットで調べるとage記事やサイトが多くて最初は本当かな〜と思っていましたが、実際に1年自分が履いてあらためて感じるのが、自信を持って他者に勧めることが革靴であると言えます。

値段は高いですが、長い間履けると考えるとまあ許容範囲かなと思っています。

また一年後に経年変化を報告できればと思います。

おしまい

(今年は更新頻度を上げたい。。)

(祝200記事になりました。。)