モノの経年変化を楽しむブログ

社会人4年目 -良いモノを購入し、長く大切に使用する- をモットーに、日頃愛用している革靴や革製品などの経年変化を楽しんでいくブログです!

CARMINA(カルミナ) のRAIN(レイン)の履き心地について!つま先の修理どうする?

今回は、最近購入したカルミナのレインを履き心地と靴磨きをしたので、紹介させていただきます。

購入時の記事はコチラ!

 

写真とともに紹介!

この写真は記念すべき、初履きした時の写真です。 

f:id:kutsukeinenhenka:20180812010950j:plain

本人しかわかりませんが、初履きは気分が上がりますよね。

この瞬間はいつでも緊張します。。。

写真を自分で見返しても美しいです。

購入して1ヶ月以上経過していますが、週に1~2回は履いています。

2回になる理由は、履き下ろしたばっかりですが、出張時にも履いてるからです。

インソールです。

f:id:kutsukeinenhenka:20180812011016j:plain

インソールも汗を吸っていい感じに変化していますね。

ソールです。

f:id:kutsukeinenhenka:20180812011040j:plain

レザーソールは慣れるまでは滑りやすいんですよね。

今は、ほぼ滑ることなくあることができています。

 

履き心地について。

やはり私の足に合う靴です。

シューホーンを使い。靴の中に足を入れて、シューホーンを抜く。

その時のシュッポという音がたまらないです。ベストフィットの証明ですね。

もちろん、履き続けていると足の小指が痛くなったりすることがありますが、絆創膏の出番はありません。

ただ、怖いのが履き慣れてソールが馴染む、コルクが下がったときの履き心地です。

履いてる感覚では、一年後とかでもそこまでゆるくならないと思っていますが、ちょっと心配ですね。

また靴のシワも一本で、しかも目立っていません。

f:id:kutsukeinenhenka:20180812011015j:plain

これは今後も綺麗なシワになる予感がしますね。

 

つま先のケアについて、ビンテージスチール?ラバー?

つま先の写真です。

f:id:kutsukeinenhenka:20180812011028j:plain

f:id:kutsukeinenhenka:20180812011051j:plain

革靴を履き下ろした時に避けて通れない問題の一つが、つま先が削れてしまう問題です。対応として通常はつま先のみをラバーに張り替えています。

例えばこの記事で紹介しています。 

あとはスコッチグレインの50周年モデルもラバーにて修理しています。

今までビンテージスチールに挑戦していないない理由はただ一つです。

それは。歩いた時に音が鳴ると言う噂を聞いてたからです。。

と言うのも、新入社員の研修時に、担当者から「つま先を金属にすると音が鳴るのでやめましょう」と言われたことを今でも鵜呑みにしているからです。

確かにオフィスは絨毯のため音は気にならないと思いますが、出張先や外勤先で「カツカツ」と音が鳴るのはどうかなーと思い、どうしてもビンテージスチールに踏み切れないでいました。。。

基本的に出張時、外勤時は黒のストレートチップを履くと決めているので、カルミナのこの靴はラバーで修理します。

ただ、三陽山長 ローファー 弥伍郎は、そろそろつま先修理する予定なので、ビンテージスチールに挑戦しようと思っています。

 やはり、「自分が実際に経験したことを伝える」ことがこのブログのモットーなので、噂やネットの情報だけではなく、自分で体験、経験しようと思います。

そのうち記事にするので、気長にお待ちください。

 

おわりに

今回は購入して約1ヶ月のカルミナの革靴について、紹介させていただきました。

経年変化を記録する。

最近はそのような記事が少なくなってしまったので、徐々に増やしたいですね。

少しでも皆様に有益な情報を提供できればと思います。

おまけで靴磨き後のカルミナです。

f:id:kutsukeinenhenka:20180812011102j:plain

鏡面磨きはそのうち挑戦します!

おしまい 

実際につま先を修理した記事はコチラ!