モノの経年変化を楽しむブログ

社会人4年目 -良いモノを購入し、長く大切に使用する- をモットーに、日頃愛用している革靴や革製品などの経年変化を楽しんでいくブログです!

LAVENHAM DENSTON(ラベンハム デンストン)2S を購入しました。サイズ感などのレビュー!

キルティングジャケットで有名なLAVENHAM DENSTON(ラベンハム デンストン)2S(ラブンスター )をスーツに合わせたいと思い購入しました。写真とともに細かいディテール、サイズ感などを紹介させていただきます。

下記の記事では、もしかしたら購入するかもと、言っていたにも関わらずいきなり購入してしまいましたね。意志が弱い・・・。

それでは写真とともに紹介させていただきますね!

 

ラベンハムについて

おなじみですね。初めにブランドヒストリーを学びます。

ラベンハムの公式HPより引用しています。

LAVENHAMは1969年、ロンドン北東部SUFFOLK州の小さな美しい村LAVENHAM(ラベンハム)で設立されました。LAVENHAM創設者Mrs. Elliotは当時、エリザベス女王に仕える女官でしたが、ある時キルティング加工をした生地を使い女王の乗られる馬用の毛布(ホース・ブランケット)を作る事を思い付きました。その当時、ホース・ブランケットはジュート麻で作られており保温性が悪く濡れ易いため改善が必要とされていました。1972年多くの乗馬愛好家の要望でナイロン・キルティング・ジャケットが発表され、愛馬とお揃いのジャケットを着たジョッパーが増えていきました。 また同年、LAVENHAMの名を決定的に印象付けた製品、ダイヤモンド・キルティング・ジャケットが発表されました。このキルティングジャケットはベーシックで実用的な乗馬用トレーニング・ウェアの中に高いファッション性と高品質という概念を取り入れ高く評価されました。当初はナイロンが主な素材でしたがその後、ポリエステル、ウール、カシミヤ、コットン等々幅広い素材が用いられるようになりました。その後は、ファッションアウターとしての高い人気と、「キルティングジャケットといえばLAVENHAM」という地位を確立しています。

ABOUT | lavenham.jp

キルティングジャケットが有名になった経緯は知っていましたが、「ラベンハム」という村があることは知りませんでした。イギリス製の自社工場で1着づつ縫製しているということですので、商品の信頼度は高いのは言うまでもないということですね。

デンストン2Sについて

私が購入したデンストン2sについて写真ともに紹介させていただきます。

ブランド:ラベンハム

モデル:デンストン2S(ラブンスター)

カラー:ネイビー

サイズ:38

生産国:イギリス

全体の写真

f:id:kutsukeinenhenka:20180107173044j:plain

f:id:kutsukeinenhenka:20180107173119j:plain

ご覧の通り新品です。服の表情が硬いですね。

ボタン

f:id:kutsukeinenhenka:20180107173653j:plain

写真では少し見にくいですがLAVENHAMとあります。

ポケット

f:id:kutsukeinenhenka:20180107173907j:plain
f:id:kutsukeinenhenka:20180107173929j:plain

見た目以上にポケットは深い作りになっていて収納力抜群です。

タグもあります。

袖とサイドベンツ

f:id:kutsukeinenhenka:20180107174304j:plain
f:id:kutsukeinenhenka:20180107174245j:plain

イギリス製品なのでもちろんサイドベンツですね。

 

キルティングについて

ラベンハムの特徴でもあるダイヤモンドキルトです。

f:id:kutsukeinenhenka:20180107173317j:plain

ダイヤモンド型の角を交差させ、伸縮性のあるナイロン上糸と、毛羽立たせたポリエステル下糸を使用することでほつれを防ぎ、耐久性を高めているとのこです。

耐久性が高いというのは長く愛用するため、またサラリーマンの必須条件ですよね。

フード

フードはボタンで取り外し可能です。

f:id:kutsukeinenhenka:20180107173409j:plain

結構ボタンが強くて肩掛けカバンが引っかかったぐらいで、簡単にはフードは取れません。(バブアーはボタンが取れやすいので、最近はフードつけないで着用しています。

Barbour BEDALE SL:バブアー ビデイルSL 1年使用の経年変化・レビュー 

f:id:kutsukeinenhenka:20180107173447j:plain

フードのボタンにもLAVENHAMとありますね。細かいところまで徹底しています。

なんやかんやでフード付きが好きな私です。

サイズ感と着用感について

サイズは38(M)を購入しました。参考までに私の身長は172cmです。

f:id:kutsukeinenhenka:20180107174632j:plain

36と迷いましたが、オンオフ兼用にしてスーツ時にも着用するためと、胸の上腕二頭筋、三頭筋付近がきつかった為、38にしました。セーター1枚の時は多少ゆとりはありますが、サイズ感は38で大満足です。

先ほどスーツ時にも着用すると記載しましたが、デンストンはミドル丈のモデルで、私の場合はおしりが隠れてくれるためスーツ着用時にも問題ないです。

着用してみるた最初の感想は「とにかく軽くてかさばらない」です。

これなら出張時に邪魔になりません。また、ポリエステルは暖かくないイメージを持っていたのですが、これは暖かいです。ただこれから一番冷え込む時期にはどうなるかは、今後試してご報告できればと思っております。

 

表地はポリエステルとウールどっちがいい?ラブンスターについて

正直、私はウール地のデンストンを探していましたが、どこも売り切れでした。

(年末には売り切れていたとのことです。)

なので、2018年リリースまで待って購入しようとも考えましたが、ポリエステル地を試着して、これもいいなと思い購入しました。ウール地の方がフォールマル感はUpしますが、耐久性はポリのほうが上なのでガンガン使うならポリがオススメとのことでした。

また、ラブンスターは以下の通りです。

◆ラブンスターとは…
2014年よりスタンダード・ポリエステルがリニューアルされました。
従来よりもマットな風合いで、上品さがアップ。強度もアップし、撥水加工もされています。

http://www.british-made.jp/fs/british/gd1359

撥水加工されているのはサラリーマンの味方です。

実際、さまざまなブランドのキルティングジャケットを試着(ラベンハム購入をあきらめかけての行動)や、店頭で触っていたのですが、ラベンハムのジャケットはポリエステルが硬い?ハリがあるのです。表現が難しいのですが、へにゃへにゃではなくコシがあるジャケットなのです。なので、身体になじむまで少し時間がかかりそうですが、その分長く楽しめそうですね。

ラベンハム購入のタイミングについて

これはいろんなショップの店員さんに伺ったのと私の経験談なので、あくまでも参考情報にしていただければ幸いです。

・ラベンハムの定番モデルとカラーはセールにしなくても売れるため、基本セールにはならない。

・ウール地については年始前には売り切れてしまう。

こんなにショップを歩き回ったのは学生時代以来でした。ほとんどの店員さんは上記のことを言っていましたね。セールになっているモノもありましたが、初日に売れてしまっていたり、サイズが小さいor大きかったり、色の人気があまりないものばかりでした。人気なので値下げはできる限りしないとも言っていましたね。

つまり、ラベンハムは欲しいモデルがあったら、その場で購入が一番賢いというのが今回の一番の勉強でした。

 

おわりに

ラベンハムについての記事いかがでしたか?

今回は購入時のレビューとなっておりますが、シーズンにの終わりには使用した感想をまた記事にしようと思います。おそらく4月中旬になるでしょうか?

現時点では購入して満足しています。(購入したばっかりだからってこともありますが!)直ぐにでも着てあげて、私の身体に馴染ませたいですね。

購入した店の店員さんから最後に「長く愛用してください」と言われました。

5年、10年選手を目指して愛用していきたいジャケットです。

次回は4月頃に実際の着用感のレビューしますね。お楽しみに!

そして物欲に負けてしまったのが悔しいです・・・。

実は他にも購入した服があるのでそのうち紹介させていただきます。

おしまい

同じ英国製品のバブアーの記事もチェックしてください!