モノの経年変化を楽しむブログ

社会人3年目 -良いモノを購入し、長く大切に使用する- をモットーに、日頃愛用している革靴や革製品などの経年変化を楽しんでいくブログです!

Pediwear ストレートチップのレザーソールに緊急事態

タイトル通りです。

靴箱に収納しようとしたその時、発見しました。

Pediwearの過去記事はこちらです。

www.kutsu-keinenhenka.com

 

 写真をみてください。

f:id:kutsukeinenhenka:20170902234435j:plain

左足のソールに違和感ありますね。裏をみると。

f:id:kutsukeinenhenka:20170902234523j:plain

f:id:kutsukeinenhenka:20170902234555j:plain

レザーソールがはがれてる&穴が開いてしまっています。

以前紹介させていただいた通り、この靴はヒドゥンチャネル仕上げになっております。

簡単に説明しますと、靴底の縫い紐が見えないようにしているものです。なんか高級感があるようです。

f:id:kutsukeinenhenka:20170902234623j:plain

f:id:kutsukeinenhenka:20170902234635j:plain

中の紐見えています。

とにもかくにも。。。どうしましょう。

①修理にする。

まあこれが一番だとは思います。

ただ修理方法が気になるところです。

⇒オールソールの修理?

はじめはこれかなーと思いました。

よくよく調べてみると下記のようにヒドゥンチャネルのみ張り直しで済むのかなとも思っております。オールソールの修理代金はだいたい1万円ほどのようです。

これが高いか安いかはわかりませんが、履き始めて3年未満で修理だすのはちょっとなーとおもい躊躇しています。

 ⇒ヒドゥンチャネルのみ張り直す?

全体またはハーフソールのみになるのかなーとも思っています。

あくまでも薄い革で保護しているだけなので、ソール本体には問題ないのかな?

ちょっとこればかりは調べてみないとわからないですね。

②そのまま履き続ける。

⇒よくよく考えると縫い紐を見えなくしてるだけなので、履き続けられるのではないかと思いました。ただ、中身には確実にダメージがありそうなのでこれはなしかな。。。

③とりあえず放置

⇒これが現実的ですかね。いまは対応方法をじっくり考えてかつこれ以上のダメージを防ぐために放置する。(ケアはもちろんします!)

 

経年変化を楽しむと決めている以上は修理すべきとは考えていますが、優先順位的にはどうしても下になってしまします。

 

黒のストレートチップが欲しくなってきた。

もともと考えていたのです。

社会人四年目に入る前に1足購入しようかなと。

これを買ってしばらくは革靴を買うのをやめようと思っています。

やっぱり、履いてあげなきゃかわいそうですよね。

いままでの経験で候補は何足かあります。実際は半年ぐらいかけて試着を繰り返して購入まで考えようと思っております。こちらもチョイチョイ報告させていただきますね!

 

おわりに

思いもよらないトラブル発生ですが、対象方法を時間をかけて考えていきたいと思います!

いい経験ができると考えがんばります。同じような経験されたかたいますかね。。。

アドバイスいただけますと幸いでございます。

10-20年履ける黒のストレートチップを探すのも忘れずにしますね!

お楽しみ!

おしまい