モノの経年変化を楽しむブログ

社会人3年目 -良いモノを購入し、長く大切に使用する- をモットーに、日頃愛用している革靴や革製品などの経年変化を楽しんでいくブログです!

ETTINGER(エッティンガ―) 名刺入れ ROYAL Collection 2年の経年変化

f:id:kutsukeinenhenka:20170729160854j:plain

名刺は社会人にとっての顔のようなものです。その顔を大切に守ってくれるのが名刺入れです。本日は私が使用している名刺入れについて紹介させていただきます。みなさまはどのような名刺入れを使っていますか?

 

 ETTINGER(エッティンガ―) 名刺入れ ROYAL Collection 

・ブランド:ETTINGER(エッティンガ―) ROYAL Collection 

・カラー:ブラック・パープル

・素材:牛革

・使用歴:約2年

ETTINGER エッティンガー カードケース 名刺入れ ロイヤルコレクション メンズ ST 143JR BLACK ブラック×パープル 【並行輸入品】

ETTINGER(エッティンガ―)  ROYAL Collection 

 ETTINGERといえばブラックxイエローのコンビネーションですよね

ETTINGERはよくデパートなどで見かけますよね。英国のブランドで長い歴史があります。詳しくは公式HPでみてください!(私が長々と書いても説得力がないとおもいますので・・・。)通常のラインはブラックxイエローのコンビネーションですが、ROYAL Collectionはブラックxパープルのコンビネーションです。(正式にはロイヤルパープルとらしい)2007年からの作品で日本の提案なんですね!私はまんまとマーケティングにはまった一人ですね。

パープルは高貴な色?

紫色と聞いて私が思いつくのは、紫いも紫式部ですかね。(単純w)あと、つゆくさ。

英国では王室のカラーとして認識されているようです。そういえば、母が紫は高貴な色って言ってたのを思い出したので、日本での認識をサクッと調べてみました。

すると母の言うとおり!紫は高貴な色だそうです。

歴史上では冠位十二階の最上位の位色なのです。小学生の時に社会の授業で学びましたよね。まさか日本史とつながるとは・・・。

話がそれましたが、ROYAL Collectionは日本人にもなじみのあるカラーであるパープルを使ったものです。

ロイヤルワラント

f:id:kutsukeinenhenka:20170729160858j:plain

みなさまは知ってましたか?私は恥ずかしながら、この名刺入れを購入するまで知りませんでした。英国皇室から長年の仕事と質の高さが認められると授けられる勲章だそうです。最大3つ(エリザベス女王エディンバラ公チャールズ皇太子)の3人が認定できるようで5年に1回精査されるようです。

公式HPによると1996年にプリンスオブウェールズチャールズ皇太子?)より授かったみたいですね。

 

f:id:kutsukeinenhenka:20170729174056j:plain

余談ですがBarbourはロイヤルワラントを3つ授かってますね。そのうち私が愛用しているBarbourについても記事にできればと思ってます。

購入当時の写真はなかったので現在の写真のみです。

外側

f:id:kutsukeinenhenka:20170729160833j:plain

 内側

f:id:kutsukeinenhenka:20170729160743j:plain

 外側はブラックで内側はパープルのコンビネーションです。縫い目もキレイに整っており品質の高さがわかりますね。ポケットは合計4つあり、うち1つはマチがあります。

 名刺入れなので、名刺を入れた写真がないとダメですよね!

f:id:kutsukeinenhenka:20170729160747j:plain

f:id:kutsukeinenhenka:20170729160745j:plain

名刺の大きさはタテ 5cm x ヨコ 9cmです。

名刺入れてます。

f:id:kutsukeinenhenka:20170729160843j:plain

上からの写真。マチがわかります。

 

f:id:kutsukeinenhenka:20170729164452j:plain

マチのあるポケットに名刺を約30枚とICカードを入れています。

もう少し入れることができるとは思いますが、これ以上入れると名刺入れがデブになった格好わるいかなーって印象です。収納力は十分です。

私はいつも自分の名刺を切らさないように常に10枚以上は持ち歩いています。名刺交換した時は、マチのあるポケットの手前のポッケにいただいた名刺を閉まっています。

経年変化はどうでしょうか

一言でいうとあんまりわからんです!常に持ち歩いてはいますが基本は鞄のポケットの中ですもんね。逆を言うと使用頻度が少ないので、きれいな状態で長持ちしそうです。実際は縫い目も革もよく、丈夫な製品なので長く愛用できると思います。さすが、ロイヤルワラント!(偉そうにしてすみませんw)

名刺入れは革派?ステンレス派?

入社当初のマナー研修で講師が名刺入れは金属やプラでは相手に失礼でマナー違反だと言っていたのを思い出しました。何年か社会人して名刺交換を多くしてましたが、ステンレスの人もいましたし、名刺入れを気にしてる人なんていないと思いますね。私の感覚ですが。ただ、金属やプラのものは箱?みたいにパカッとあけるもので収納スペースが1つのものが多いです。交換時にそれが少し不便かなと思います。

あとなによりも経年変化を楽しめないですよね!

だから私は革の名刺入れにしましたよ^^

 

おわりに

今日の記事はいかがでしたか?ブログを初めて短いのですが、現時点で一番時間がかかりましたし、文字数も一番の記事です。なんとなくの知識はありますが、文章にするために再度調べ直し、ちょっとした情報を書くといつのまにかに時間が。。。私が文章を書くのが苦手なのも原因の一つですが。

でも、このように自分の好きなものを突き詰めていくのは楽しいですね。

できるだけオリジナリティーのある記事を今後も提供できればと思います。

 

さらに余談

 初の2000文字オーバーの記事です。

それではまた次回まで!